【2月は厄払いの月!腰痛など身体の厄も一緒に払いましょう!】

【2月は厄払いの月!腰痛など身体の厄も一緒に払いましょう!】

5555

この前新年があけ、正月も終わって通常通りの毎日が始まったと思ったら
大雪が降ったり草津で噴火があったり・・・、と目まぐるしい日々のうちに
もう1月も終わり、2月になりましたね。

2月と言えば1年で1番寒い月でもあります。
昔の2月の呼び名の「如月」という言葉には実はいろいろな意味があって、
その中の一つが、旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、
「衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」
というくらい寒い月だというものです。

また、2月3日には「節分」があり、
昔から「鬼は外!福は内」と、
豆で鬼をはらって無病息災を願ってきましたね。

一方、海外のラテン語でも2月には
「厄払いをする月」という意味もあったそうです。

国内・国外を問わず2月には厄を払うもののようですが、
1年で一番寒い2月は、冷えや冷えからくる血行不良などで
慢性痛の悪化や急性のぎっくり腰なども起こしやすい時です。

そして、それらの症状は、ある意味「厄(災厄)」と言えなくもないので
目に見えない厄(災厄)以外にも身体の厄(不調)も払ってしまいませんか?

特に2月は12月から1月のあわただしかった年末年始が終わり、
また忙しくなる3月から4月の年度末年度初めの間でもあります。
この期間にしっかり身体のメンテナンスはしておくべきではないでしょうか?

以下で詳しく書きます。

<急性捻挫のぎっくり腰も海外では魔女の仕業とされてきた>


8888
先ほども例としてあげた「ぎっくり腰」ですが、
「ぎっくり腰」はある日突然起こり、
激しい痛みで動けなくなるほどなので、
本人には理不尽で大変な衝撃でもあります。

もともとドイツやイタリアでは、
そういうぎっくり腰は”見えない魔女の仕業”と信じられていて、
「魔女の一撃」という呼び方をしてきたそうですね。

そこから英語圏でも「witch's shot」と言われるようになり、
金縛りも「old hag attack(魔女の攻撃)」と呼びなど
突然の激しい痛みやよくわからない身体の状態は
魔女のせいだと考える文化だったようです。

一方、厄として豆まきで終われる「鬼」もまた
目に見えない邪気」として考えられていたので、
ここにも妙な共通点を感じます。

 


<ぎっくり腰も慢性腰痛もちゃんと根拠はあります!>


777
しかし、現代ではある程度「ぎっくり腰」についても研究され、
ちゃんと根拠のあることがわかってきました。
よって、予防も可能です。

繰り返しになりますが、ぎっくり腰は突然身動きができない程の激しい痛みが特徴です。
突然起こるとおもわれていても、実際にはもともと腰に過度の疲労が蓄積していて、
そこへ何かのはずみで腰が耐えられる限度を越えた際に発症するのです
33333
よって、普段から腰に疲労が蓄積しないようにしておけば予防は可能です。

慢性腰痛はある意味、ぎっくり腰の一歩手前ともいえるかもしれません
同じく腰の骨格や筋肉に日ごろから過度の負担がかかり続けているために、
だんだんと疲労が蓄積していって起こります。

こちらも同様に普段から疲労が蓄積しないようにすると、
少しずつ改善も可能になってくると思います。

<腰の負担は猫背の姿勢と動作が原因!>


5555
腰に疲労を蓄積させないためには、
過度の負担をかけないようにする必要があります。

そして、腰に過度の負担をかけている原因とは「猫背」です。

猫背で丸くなった腰や背中は、腰の骨格や筋肉に
通常よりも大きな負担をかけ続けます。

その上、デスクワークなどで長時間猫背でいることを毎日繰り返していると
どんどん疲労が蓄積していきます

常に背筋を伸ばした良い姿勢でいられれば負担は少ないのですが、
パソコン作業などに熱中していると、ついつい姿勢のはことは忘れてしまいますよね。
その結果、無意識に猫背になっている人が多いです。

なので、1時間ごととか、あらかじめ時間を決めて、
マメにストレッチで身体を伸ばしてリセットすることをおススメします。


777
また、猫背による動作も腰に負担をかけます

例えば、床のものを持ち上げような時、足を伸ばして立った姿勢のまま、
背中を丸めて持ちあげようと身体をおこすと腰にすごく負担がかかります

逆に、膝や股関節を曲げてしっかりしゃがんでから持ち上げると
腰への負担はずっと軽くなります


5555
そういった姿勢や動作について、普段から意識しておくことでかなり予防はできます。

そうはいっても、毎日忙しくてストレッチをするような
精神的な余裕も体力的な余裕もない人という人もいますよね・・・

その場合は、週1回とか最低でも月に1回くらい、
ご近所の治療院で整体やマッサージを受けて、
疲労を回復し、コリ固まった腰をほぐすことをおススメいたします


333
できたら、姿勢の専門家のいる整体院・整骨院が良いですね。
猫背を改善するために姿勢についてのアドバイスももらえると思います。


参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/2%E6%9C%88
【2月 wikipedia】

参考:http://www.kyosei-tairyu.jp/unlucky-year/
【厄年の過ごし方 乗り切るために厄払い!】

参考:https://afun7.com/archives/1943.html
【節分・豆まき・鬼の由来や意味!節分の正しい作法は?】

参考:https://juken.oricon.co.jp/rank_english/news/2087906/
【ぎっくり腰は魔女のしわざ?英語での伝え方も紹介】


<まとめ>

2月は1年で一番寒くなるので、冷えによる身体の疲労も蓄積しがちです
そうしてたまった疲労は慢性痛を悪化させたり、
ぎっくり腰のような急性腰痛を起こしやすくなります。

また、年度がわりで忙しくなる3月の直前でもあります。

よって、この時期には(節分の2月3日に限らず)
「厄払い」ならぬ「腰の疲労」もしっかり解消しておきましょう

そのためには、猫背の矯正や動作の改善が有効です!

普段から背すじを伸ばした生活をおススメしますが、
どうしても自分一人では無理な場合は、
ご近所の、できたら姿勢専門の治療院へ定期的に通うとよいと思います

ちなみに当院も猫背矯正に特化しております。

”矯正”と聞くと、人によっては、
「「バキッ」とか何か痛いことをされるんじゃないか?」
と警戒されることがあるかもしれません。

ですが、ご安心ください。
当院の猫背矯正は、子供からお年寄りまで受けられるソフトな手技で
受けている最中、思わず「うとうと・・・」と眠くなってしまうほどです。

また、無料の姿勢チェックもおこなっておりますので、
お気軽にご相談ください。


詳しくはこちらのリンク先をご覧ください。
Http://www.motogou-nkk.com/
(お得な回数券も各種ご用意しています)

埼玉県川口市の接骨院 元郷名倉堂
「猫背矯正の講師もしている猫背矯正マイスター」 

 

ブログ

Facebook

猫背矯正サイト